米政府、北朝鮮のプルトニウムの「武器化」表明に強い懸念表明

米国政府は、北朝鮮がウラン濃縮作 業の最終段階に入ったとし、使用済み核燃料棒から抽出したプルトニム を武器化していることを明らかにしたのを受けて、強い懸念を表明した。

米国務省のウェブサイトによると、同省のケリー報道官は4日、記 者団に対し「北朝鮮が核関連物質の武器化に近づいていると発表したこ とについて、米国は強い懸念を抱いている」と語り、その上で「こうし た表明が、どの程度正確なものであるかはコメントできない」と指摘し た。

同報道官は「これまでも北朝鮮からはこうした発表が多くあった」 とし、北朝鮮に対し核問題を協議する6カ国協議への早期復帰を求めて いく考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE