NY外為(4日):ドルと円下落、雇用統計で高利回り通貨買い

ニューヨーク外国為替市場ではド ルと円がほとんどの主要通貨に対して下落。8月の米雇用統計で雇用 者の純減幅の縮小が示されたことから、世界経済の早期回復への楽観 が強まり、高利回り資産に資金が流れた。

カナダ・ドルは主要通貨中、対円での値上がり率トップ。カナダ の雇用者数は4月以降で初の増加となった。ロンドンでは20カ国・地 域(G20)財務相・中銀総裁会議がきょう開幕。ガイトナー米財務長 官は今週、世界的な景気回復に向けた取り組みをあらためて約束した。

ウエストパック銀行のシニア通貨ストラテジスト、リチャード・ フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は、「政策的な背景が大きな 支えとなっている」と指摘。「今週末にガイトナー長官やG20当局か ら聞かれるあらゆる前向きな発言が、リスク回帰に貢献するだろう」 と述べた。

ニューヨーク時間午後4時8分現在、円は対ユーロで0.8%安の 1ユーロ=133円4銭(前日は同132円3銭)。ドルは対ユーロで

0.4%安の1ユーロ=1.4302ドル(前日は同1.4252ドル)。ドルは 対円で0.4%高の1ドル=93円ちょうど。

円はニュージーランド・ドルに対して1.9%安。対メキシコ・ペ ソで1.7%値下がり。日本の投資家が円を売って利回りの高い資産に 資金を移すとの観測が背景。日本の政策金利0.1%に対し、ニュージ ーランドは2.5%、メキシコは4.5%に設定されている。

米労働省が午前8時30分に雇用統計を発表すると、ユーロは対ド ルでいったんは値上がりした。同統計発表から30分後には一時今週の 安値水準まで反落し、その後再び値を戻し日中高値の1ユーロ=

1.4327ドルを付けた。同雇用統計で、非農業部門雇用者数は8月に 前月比で21万6000人減少と、純減幅が縮小した。

回復は「不確実」

TDセキュリティーズのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・ オズボーン氏(トロント在勤)は「景気見通しについては不確実性が 多すぎる」と指摘。「リセッション(景気後退)の観点からすれば、 引き続き回復への道は長い。雇用者の減少をみるだけでも、1980年代 以降に経験した回復とは違うことがわかる」と述べた。

8月の失業率は26年ぶり高水準となる9.7%に上昇。前月の雇用 者数は27万6000人減と、速報の24万7000人減から下方修正され た。

S&P500種株価指数は1.3%値上がり。8月の雇用者数の純減 幅が、エコノミスト予想を下回ったことを好感した。同株価指数は週 間ベースでは下落した。

ドルは南アフリカ・ランドに対し週間ベースでは2.1安。これで 3週連続の下落となり、週間ベース下落としては5月以来の最長。ユ ーロは対円で今週0.6%の値下がり。

カナダの雇用統計

カナダ・ドルは対米ドルで一時1.8%高。日中取引の上昇率とし ては7月15日以来の最大となった。カナダ統計局が発表した8月の雇 用者数は2万7100人増加した。エコノミストの予想中央値では1万 5000人の減少が見込まれていた。

前日は欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が、景気回復は起 伏のあるものになると述べたことを受け、ユーロは対ドルで値下がり した。ECB定例政策委員会は政策金利を過去最低の1%に据え置い た。

ウルリヒ・ロイヒトマン氏(フランクフルト在勤)を含むコメル ツ銀行のアナリストらは4日付リポートで「トリシェ総裁の発言は著 しくハト派的だった」と指摘。「ドルがこの恩恵を受けていることは 全く驚きではない」と記述した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE