米GEが三菱重工を提訴-風力発電の特許侵害めぐり賠償金を請求

風力発電タービンで米最大手の複 合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は3日、三菱重工業を相手 取り、特許侵害の賠償金を求めて米連邦地方裁判所に提訴した。

テキサス州コーパスクリスティの連邦地裁に提出された訴状では、 賠償請求額は明示されていない。

米国際貿易委員会(ITC)のカール・チャーネスキー判事は8 月、三菱重工がGEの可変速風力発電タービンの特許を侵害したと認 定。三菱製タービンの米国輸入差し止めを主張している。同判事の判 断については、ITCの6人の委員が再検討することになっている。

民事裁判所とは違い、ITCには三菱に対し特許使用料の支払い を命じる権限がない。特許侵害と判断された場合にITCが取れる措 置は、米国への輸入差し止め命令に限られている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE