ECB副総裁:1年物融資スプレッド非適用、政策金利変更を示唆せず

欧州中央銀行(ECB)のパパデ モス副総裁は4日、市中銀行への1年物資金融資に対しスプレッド (上乗せ金利)を適用しないとするECBの決定は、政策金利の変更 示唆ではないとの見解を示した。

パパデモス副総裁はフランクフルトで記者団に対し、「合図でも なければ、事前の約束でもない」とし、「われわれの姿勢として、事 前約束はしない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE