中国:来年4-6月に金融引き締め迫られる恐れ、物価上昇で-シティ

中国人民銀行は2010年4-6月(第 2四半期)に「緩和的な」金融政策を引き締めざるを得ない-。シテ ィグループの大中華圏担当チーフエコノミスト、沈明高氏は同四半期 のインフレ率が4%に達するとみて、こう予想している。

同氏は3日、香港でのインタビューで「中国は資産バブルよりも インフレを懸念している」と述べ、物価上昇が低・中所得者層に影響 を与えて社会安定を乱す可能性を指摘。インフレ率が政府目標の4% を超えれば、人民銀は手形を発行して資金を吸い上げるか預金準備率 を引き上げるとの見通しを示した

同氏はまた、中国の消費者物価指数が7月に6カ月連続で低下し たものの、今年10-12月(第4四半期)に上昇し始める可能性がある と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE