豪ドル、NZドル:米ドルと円に対し週間で下落-米雇用統計控え

外国為替市場では、オーストラリ ア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルが、米ドルと円に対し週間 ベースで下落となりそうだ。4日発表の8月の米雇用統計で1年8カ 月連続での雇用者数減少が見込まれており、高金利資産への需要が後 退している。

豪ドルは、対円ではこのままいけば週間で4週連続の値下がり。 先月、中国株が大幅に下げたことも背景にある。豪ドルはこの日、円 と米ドル両通貨に対してほぼ変わらずで推移。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめた調査によれば、8月の米雇用統計では、非農業部門雇 用者数は前月比23万人の減少が見込まれている。7月は24万7000 人減だった。

ANZナショナル・バンクのシニアディーラー、アレックス・シ ントン氏は「非農業部門雇用者数の数字が予想より悪かった場合、株 式相場と豪ドルには多少の下押し圧力がかかる可能性がある」との見 方を示した。

豪ドルはシドニー時間午後1時15分(日本時間同零時15分)現 在、1豪ドル=0.8396米ドル。週初からは0.2%下げている。対円 では77円76銭で、今週は1.3%安。

NZドルは1NZドル=0.6794米ドルで、週初からは0.7%下 落。円に対しては62円91銭で、前週末から1.8%値下がりしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE