来週のNY金先物:上昇か、1000ドル目指す展開で投資需要-調査

来週のニューヨーク金先物相場は上 昇しそうだ。相場が1オンス当たり1000ドルに迫るなか、投資需要の 増加とドルの軟化が予想されている。

ブルームバーグ・ニュースがトレーダーや投資家、アナリストら 26人を対象に実施した調査によると、21人(81%)が金相場は上昇す るとの見通しを示した。下落を予想したのは4人、中立姿勢を示した のは1人だった。

オルタベスト・ワールドワイド・トレーディング(カリフォルニ ア州)の商品アナリスト、トム・ハートマン氏は「ドルは世界の準備 通貨として試されている」と指摘。「多くの人々が紙幣を保有すること にリスクを感じており、実物資産の方を信用している」との見方を示 した。

金相場は2月20日に1000ドルを上回った。8月17日から9月1 日までは930.34-961.83ドルで推移。ハートマン氏は、相場がこのレ ンジを上回ると「トレーダーらが取引への参加を目指していることを 示唆する」とみている。

過去277週の調査のうち金がアナリストの予想通りの値動きを示 したのは159週(57%)となっている。

調査結果:上昇 21人 下落 4人 中立 1人

To contact the editor responsible for this story: Stuart Wallace at swallace6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE