ゴールドスタイン次期財務次官、1050万ドル支払い義務-情報を開示

米財務次官(国内金融担当)に指 名されたジェフリー・ゴールドスタイン氏が、少なくとも1050万ドル (約9億7200万円)の支払い義務を負っていることが、倫理申告書で 明らかになった。米投資会社ヘルマン・アンド・フリードマンの幹部 だった同氏は、投資パートナーシップへの支払い義務があるという。

申告書によると、ゴールドスタイン氏はヘルマン・アンド・フリ ードマンが運営する2つのファンドにそれぞれ500万-2500万ドル、 別のパートナーシップに50万-100万ドルの支払いを約束している。 米政府倫理局への情報開示によると、ファンドマネジャーから請求が あれば支払う必要がある。

今回のゴールドスタイン氏のケースは、ウォール街の経営幹部が 政府機関で働くことに同意した場合に直面する潜在的な障害の一例と なる。

法律事務所スカッデン・アープス・スレート・ミーガー・アンド・ フロム(ワシントン)のパートナーで政府倫理を専門とするケネス・ グロス氏は「自分の出身業界を規制する立場に就く際に目指すべきは、 可能な限りきっぱりと関係を断つことだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE