米リーマンの破たん、米英当局間の情報伝達ミスが原因-ガーディアン

英紙ガーディアン(オンライン版) は3日、独自調査を基に、米英金融当局間の情報伝達ミスが昨年9月 の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングスの破たんにつながった と報じた。

同紙によると、英財務省とイングランド銀行、英金融サービス機 構(FSA)は米政府がリーマンを支援すると確信。それが保証され れば英バークレイズが買収案を提示できると米当局側に明確に伝えて いたと主張している。結局、支援は行われず、買収提案は実現しなか った。

一方、ポールソン米財務長官(当時)は、ダーリング英財務相の 対応の遅れにリーマン破たんの原因があったと指摘していたという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Simpson at +1-416-203-5726 or jsimpson12@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE