中国株は急落で投資価値回復、韓国やインドより妙味あり-メリル

米銀バンク・オブ・アメリカ傘 下のメリルリンチによると、このところの相場急落で中国株式の投資 価値が回復しており、韓国やインドといった他のアジア株よりも投資 妙味が高くなっている。

メリルリンチのストラテジストのジャッキー・タン氏らは3日 付のリポートで、中国はアジア域内との比較で1年前のように「売ら れ過ぎ」である一方、韓国とインドのバリュエーション(株価評価) は「高まっている」ようだと指摘。日本以外のアジアの株式相場は 「今後数週間」は世界の株式相場に出遅れるだろうと付け加えた。

香港市場で取引される中国企業株の指標であるMSCI中国指 数は3日に2.2%上昇。同指数は8月3日の高値から7.8%下落して おり、年初来上昇率は41%に縮小した。メリルは、遠洋地産控股を 含む中国の不動産株などを有望だとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE