英RBSとバークレイズ、国内外で貸し出し減少-目標達成にリスク

英銀行大手のロイヤルバンク・オ ブ・スコットランド・グループ(RBS)とバークレイズは、信用供 与を拡大し景気てこ入れを支援する姿勢を政府に表明したものの、貸 し出しを減らしている。

届出書によると、バークレイズに加え、政府の管理下にあるRB Sとロイズ・バンキング・グループ3行の2009年1-6月(上期) の貸出額は、全世界で1650億ポンド(約25兆円)減少した。RB Sとバークレイズの減少率は約11%と、欧州銀行大手の中で最も高 かった。

RBSとバークレイズは、英国での純貸し出しを今年360億ポ ンド増やすという政府の目標を達成できない恐れがある。届出書によ ると、両行では国内の住宅保有者や企業向け貸し出しが上期に95億 ポンド減った。ロイズは純貸し出しの公表を控えている。

キャピタル・エコノミクス(ロンドン)の欧州担当主任エコノミ スト、ジョナサン・ロインズ氏は「これは英経済にとって弱気の兆し だ」とし、「経済成長を実現するには、銀行融資が増える必要がある。 供与に抑制があることはかなり明白だ」と指摘した。

英大手銀行5行の全世界での貸出額は上期に平均5.4%減った。 この減少率は、欧州大陸大手10行の比率の5倍に相当する。届出書 によると、RBSで910億ポンド、バークレイズは500億ポンド、 ロイズで約240億ポンド、それぞれ落ち込んだ。

RBSの広報担当フィオナ・マクレー氏は、公的支援を受けて融 資残高の縮小を計画したと説明した。バークレイズは貸し出しの落ち 込みについて、デリバティブ(金融派生商品)取引やポンド高に備え た現金の減少に伴うものだと指摘。ロイズの広報担当イブ・スペート 氏は、同行は「信用力のある」借り手に融資する姿勢だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE