北朝鮮:プルトニウムの「武器化」を開始-安保理に圧力

北朝鮮は4日、ウラン濃縮作業の 最終段階に入ったとし、使用済み核燃料棒から抽出したプルトニウ ムを「武器化」していることを明らかにした。同国はまた、3日に 国連安保理議長に書簡を送付し、同国の核開発計画をめぐり、対話 か制裁を選択するよう迫った。

北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が4日報じたもので、 「ウラン濃縮実験は成功裏に進行しており、最終段階に入った」と いう。北朝鮮は核開発計画をめぐる対話と制裁の両方に備えており、 国連安保理の理事国が制裁を先行させる場合、北朝鮮は「対話する 前に核抑止力の強化を優先する」ことで対応する方針だという。

米国務省のクローリー報道官は、北朝鮮が検証可能な非核化を 再び約束する準備があるのかを見極めるため、米国は「6カ国協議 の枠組みで北朝鮮と対話する用意がある」と電子メールでコメント した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE