LME鉛:1年3カ月ぶり高値-中国の生産減で「パニック的」買い

ロンドン金属取引所(LME)の鉛 相場は3日、2008年5月以来の高値に達した。世界最大の生産国であ る中国が、鉛中毒発生を受けて環境基準を満たさない製錬所の操業を 停止する方針を発表したことが要因。

中国政府当局者は同日、中国が環境基準に適合しない製錬所の操 業が確実に停止されるよう汚染防止規制の「実施を強化」する方針を 示した。RBSグローバル・バンキング・アンド・マーケッツ(ロン ドン)によると、中国での製錬所の稼働停止により既に世界の鉛生産 の約35%が影響を受けている。

シティグループのアナリスト、デービッド・サーテル氏(ロンド ン在勤)は電子メールの調査文書で「供給途絶の恐れから市場ではパ ニック的な買いが入っている」との見方を示した。

LMEの鉛先物相場(3カ月物)は前日比165ドル(7.8%)高の 1トン当たり2280ドル。一時は2301ドルと、08年5月19日以来の 高値を付けた。

-With assistance from Chanyaporn Chanjaroen in London and ichard Dobson Shanghai. Editors: Ted Bunker, Steve Stroth.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Millie Munshi in New York at +1-212-617-5543 or mmunshi@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steve Stroth at +1-312-443-5931 or sstroth@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE