投資家はドル買い・円売りを、総選挙後の円高の勢い衰える-シティ

米シティグループは、日本の経済見 通しが他の先進国に見劣りすることに加え、8月30日実施された総 選挙に伴う円相場への追い風は衰える可能性が大きいとして、投資家 にドル買い・円売りを推奨した。

通貨ストラテジストのトッド・エルマー氏(ニューヨーク在勤) とマイケル・ハート氏(ロンドン在勤)は3日付のリポートで、「リス ク回避姿勢が大きく表れていないなかで、為替相場のけん引役が潜在 的なファンダメンタルズ(基礎的諸条件)にゆっくりと転換している が、今後は急ピッチに進む可能性が高い」とし、「これは円高を支える 要因ではない」と分析。世界的不況からの日本の景気回復は米国より も遅く、力強さを欠くものになると予想した。

シティは1ドル=92円40銭からドル買いするよう推奨し、6月 15日に付けた98円までドルは上昇する可能性があるとの見方を示し た。ニューヨーク時間3日午後1時43分(日本時間4日午前2時43 分)現在は92円55銭。前日は92円22銭だった。

円は8月30日の総選挙で民主党が圧勝し、ほぼ50年にわたった 自民党支配に終止符を打って以来、ドルに対して0.6%上昇したが、 シティのアナリストらはこうした円高は「短命に終わる」公算が大き いと予想。家計に主眼を置いた景気対策の効果への期待は「見当違い」 であり、「日本の財政出動は他国にほとんど後れを取っていないものの、 経済への効果はこれまでのところ少ないようだ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE