NY原油(3日):ほぼ変わらず、来週のOPEC総会と祝日控え手控え

ニューヨーク原油相場はほぼ変わ らず。アナリストらは来週の石油輸出国機構(OPEC)会合では生 産枠が据え置かれると予想している。

この日のレンジはバレル当たり67.66-69.40ドル。来週月曜 の原油先物取引市場は、米祝日レーバーデーのため休場となる。

GFIグループ傘下のスターサプライ・ペトロリアムのブローカ ー、ジャスティン・フォーツ氏は、「来週のOPEC会合や祝日を控 えて、何か大きな動きに出る動機に欠けた。OPECは原油相場の水 準に満足しており、ボラティリティーもあまりみられないことから、 来週の会合で何か新しい決断を下すとは考えられない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前 日比9セント(0.13%)安の1バレル=67.96ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE