自動車メーカーが恐れる政府補助金切れ後の悪夢-反動減で値下げも

プリウス、ヴィッツ、インサイ トといった7月の国内登録車販売の上位10車種はすべてエコカー減 税・補助金の対象車で、政府による環境対応車販売促進制度の効果の 大きさを裏付けた。この制度の2本柱の一つ、補助金の実施期間は 2010年3月末で終了する。日米欧で大きな効果を上げた販売促進策 だが、制度終了後は自動車メーカーの負担増となる可能性が指摘され ている。

「売り上げが急激に落ちるのは目に見えている」。都内のトヨ タ自動車販売会社「ネッツ」の石田健一店長は、補助金制度が期限を 迎えたときのことを心配している。今年6月に始まった同制度では、 環境対応車に買い換えると最大25万円が補助されるが、来年3月末 の期限後は減税のみが適応される予定。

買い換え補助制度の効果は、石田氏が顧客と接する中で実感し ている。補助金額の大きい車齢13年超の車に乗っている人たちは、 これまでなかなか新車購入に踏み切れなかった「動いてなかった購買 層」という。補助金が出ることで、例えば人気ハイブリッド車の「新 型プリウス」(価格205万-327万円)の実質負担が、減税分と合わ せて最大で約65万円軽くなる。石田氏は「動かなかった購買層の背 中を押して」、店での成約件数がここ2カ月で約50%伸びたと指摘 する。

押し上げ効果

日本自動車工業会(自工会)の試算によると、政府の減税措 置・補助制度による市場の押し上げ効果は約100万台。このうちエ コカー減税分が31万台、補助制度分が69万台となっている。効果 は徐々に浸透し、8月の国内登録車販売台数は13カ月ぶりにプラス に転じた。

補助金の効果で販売台数を伸ばしているのは日本だけでない。 ドイツを中心とした欧州各国では、車齢が一定以上の自動車を廃車し て環境対応車を購入する場合に補助金を出す「スクラップ・インセン ティブ」制度が効果を上げている。

格付け会社ムーディーズの6月3日付リポートの需要予測によ ると、欧州の押し上げ効果は「09年で100万台」。しかし、この 「制度により自動車需要が前倒しされ、10年の回復は遅れる可能 性」を指摘しており、10年の欧州需要は前年比7%減を予測してい る。

米国が7月下旬に導入した「買い換え奨励策」は70万台の新た な需要を生み出したが、8月24日に終了。コンサルティング会社オ ートコノミーのエリック・マークル社長は、奨励策の影響で8月の販 売が需要を先取りしたため、9月は販売が減少すると予想している。

補助金切れ後

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者(CE O)は8月初旬のブルームバーグのインタビューに対し、「期限が切 れたときの反動をいかにうまく抑えて乗り切るかが問われている」と の見解を示した。日産自の減税・補助金対象、16車種の7月の販売は 前年同月比で20%増となっている。

マツダの尾崎清専務兼最高財務責任者(CFO)は7月末、都 内で記者団の質問に対し、「政府インセンティブ(補助金)がメーカ ーインセンティブに変わらざるを得ないのではないか」と述べ、政府 の補助金に代わり、メーカーが価格を値引きせざるを得ない状況に追 い込まれるとの懸念を示した。

この懸念は販売現場にもある。トヨタ販売店の石田氏は「補助 金がなくなったときに、お客さんから、もう少し安くならないかと言 われる可能性は十分にある」とみている。顧客の求めに応じれば販売 台数が伸びても1台当たりの利益は下がる。どこで線を引くかは、こ れからの検討課題だという。

代替策が必要

大和住銀投信投資顧問の小川耕一チーフ・ポートフォリオ・マ ネジャーも、「いったん値段が下がったのに再び上がることに消費者 は抵抗がある」とし、メーカー側が値下げをせざるを得ないと指摘す る。補助金制度は、一時的には工場の稼働率を上げて固定費の低減に つながるなどメーカーの業績を好転させた。

小川氏は「短期的に自動車需要を無理やり押し上げたとしても、 制度がなくなれば市場は元に戻る」とし、「結局、本格的な経済の回 復がないままでは、補助金に頼り続けるか、企業収益には良いことで はないが、値下げをするしかない」と述べ、補助金に代わる経済対策 の必要性を強調した。

補助金の期限後について、ホンダ広報担当の松浦康子氏は「イ ンパクトは計り知れないものがあり、慎重に見ていく」とコメントし た。値下げなどの対応に関しては、ホンダの松浦氏、トヨタ広報担当 の加賀悠太氏、日産自広報担当の米川満氏ともに、「現時点では値下 げの検討はしていない」と回答した。

日本自動車販売連合会(自販連)の伏見剛理事は9月1日、補 助金が切れた後の対応について、政府や自治体に対し、「税制改正を 含めて何らかの支援策を要望していく」との考えを表明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE