OECD:G7の今年の成長率見通し上方修正-回復は緩慢と予想

経済協力開発機構(OECD)は 3日、G7を構成する先進7カ国全体の今年の成長率見通しをマイナ ス3.7%とし、6月時点の予想(マイナス4.1%)から引き上げた。 景気回復については「緩慢」との予想を示した。

上方修正後の数字マイナス3.7%もなお、第2次世界大戦以降で 最悪。OECDは、企業の利益や雇用、所得、住宅市場の弱さが、そ の後の回復のペースを遅くするとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE