米CFTC委員長:金融規制変更へ「あらゆる選択肢」の検討必要

米商品先物取引委員会(CFTC) のゲンスラー委員長は2日、米金融規制システムのすき間をふさぐた め、あらゆる選択肢を「検討する」方針を明らかにした。

ゲンスラー委員長はCFTCと米証券取引委員会(SEC)との 合同会議の開会のあいさつで「米国の人々は規制当局間の官僚的な縄 張り争いには興味がない」と述べ、「人々はただシステム障害が決して 再び生じないような規制当局を必要としている。障害がもたらした打 撃を既にすべての米国人が被っている」と述べた。

ゲンスラー委員長は「あらゆる選択肢が検討される必要があり、 聖域はない」との見解を示した。デリバティブ業界の監督体制強化に 向けたSECとCFTCの調整方法について検討するため2日と3日 に公聴会が開かれ、業界幹部や取引会社、消費者団体などの代表が証 言する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE