インドネシア中銀:10カ月ぶり政策金利据え置き-物価リスク浮上で

インドネシア中央銀行は3日、10 カ月ぶりに政策金利を据え置いた。景気減速よりインフレ加速のリス クが大きいとの判断から、利下げが見送られた。

同中銀の声明によると、政策金利は6.5%のまま。ブルームバー グ・ニュースが実施した調査では、エコノミスト31人のうち28人が 据え置きを予想。残りの3人は0.25ポイントの利下げを見込んでいた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE