国際石油帝石によるマセラ鉱区のLNG開発を承認-インドネシア政府

国内資源開発最大手の国際石油開発 帝石は、インドネシア政府から大規模ガス田「マセラ鉱区」での液化 天然ガス(LNG)開発で承認を得た。同国のプルノモ・エネルギー・ 鉱物相が2日、ジャカルタで記者団に明らかにした。

同相によると、インドネシア政府は年間450万トンのLNGを生 産する洋上基地の建設計画を承認した。2016年に稼働開始の公算。 ティモール海にあるマセラ鉱区での同生産能力はその後900万トン に拡大する可能性があるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE