日本原子力発電:敦賀発電所1号機を16年に停止-老朽化で

日本原子力発電は3日、昨年11月 から定期検査のため停止中の敦賀原子力発電所1号機(出力35万7000 キロワット)について、2016年に停止すると発表した。1970年3月か ら運転しており、老朽化が進んでいるため。

同原発1号機は7月に運転を再開する予定だったが、系統配管内 の空気を抜く弁のシート部門に傷が発見されたため、10月上旬に運転 再開時期を延期していた。

日本原子力発電には、ほかに敦賀2号機(出力116万キロワット) と東海第二発電所(出力110万キロワット)の原発があるが、いずれ も稼働中。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE