米スタンフォード大、412人を解雇-基金の30%減少受け予算削減

米スタンフォード大学は1日、 大学基金の過去最大の減少に伴う予算削減の一環として、年初来、教 員以外の職員計412人を解雇したことを明らかにした。年内に60人 を追加削減する可能性があるという。

大学ウェブサイト上に掲載された発表資料によると、研究助成金 で賄われていたスタッフ72人も解雇した。

スタンフォードによれば、寄付金などによる大学基金は2009会 計年度に推定30%減少して120億ドル(約1兆1100億円)となっ た。同会計年度には基金から11億ドルを予算に組み入れていたが、 11会計年度からこの額を約7億5000万ドルに減らす方針だという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE