アース製薬株が2年超ぶり高値、ウイルス阻止マスクを発売

(3段落目以降に会社側の説明などを追記します)

【記者:浅野 文重】

9月3日(ブルームバーグ):殺虫剤や日用品を製造するアース製 薬の株価が大幅高。ウイルスや細菌の侵入を99.9%阻止することがで きる高機能マスクを発売する、と前日に発表。新型インフルエンザ(豚 インフルエンザ)が流行する中、特需発生を見込んだ買いが膨らんだ。

株価は一時前日比13%高の3000円と、2007年1月以来、2年8カ 月ぶりの高値水準を回復した。上昇率は05年12月6日以来、3年9カ 月ぶりの高さ。

同社は2日、米マスクメーカーのワインプロダクト社(ロサンゼル ス)から高機能マスクを調達し、15日から販売すると発表した。「ウ ィルガード バイラマスク」は、これまでの耳バンドで装着するマスク と異なり、シールで口や鼻の周辺をすべて覆うことで、ウイルスなどの 体内への侵入を防ぐことができるのが特徴。

同社広報室の石神健一氏は「この9月から来年3月までで10億円 前後の売り上げを見込んでいる」と話す。バリア性と通気性を両立した 構造で、息苦しくなく呼吸も会話もできるという。価格は1枚945円。

モーニングスターの調査分析部の藤井知明マネジャーは「話題性が 高い商品だ。芸能人が新型インフルエンザにかかり、ニュースとなって いる。インフルエンザの流行が本格化すれば、需要は一段と高まりそう だ」とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE