米バークシャーとリューカディア:キャップマークの事業買収で合意

米著名投資家ウォーレン・バフェッ ト氏率いる保険・投資会社バークシャー・ハサウェイと、米複合企業 リューカディア・ナショナルは米不動産市場の改善を見込み、米不動 産金融会社キャップマーク・フィナンシャル・グループの債権管理回 収・不動産金融事業を最大4億9000万ドル(約452億円)で買収す ることで合意した。キャップマークが2日、発表した。

キャップマークの発表資料によると、同社はバークシャーとリュ ーカディアの合弁会社バーカディアⅢに4000万ドルを支払い、同事 業を後にバーカディアⅢに売却できる権利を取得した。キャップマー クはこの日、別の発表資料で、2009年4-6月(第2四半期)決算 が約16億ドルの赤字になったことを受け、連邦破産法11条に基づく 会社更生手続きの適用を申請する可能性があると表明した。

バークシャーは、米住宅金融で今年これまで最大手のウェルズ・ ファーゴを含む金融機関の株式を購入するなど、米不動産市場への投 資を拡大している。バークシャー傘下の不動産仲介会社は1日、イリ ノイ州シカゴに拠点を置く同業の会社を買収したと発表した。

バフェット氏の過去の投資を研究しているアメリカン大学(ワシ ントン)のジェラルド・マーティン教授(金融学)は今回のキャップ マークとの取引について、「バークシャーが取得した不動産仲介会社と 適合する」と指摘。「相場は下がっており、買い時だ」と説明した。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスによると、キャップマ ークの組成したローンは100億ドルを超え、米商業不動産金融最大手 の1社。3600億ドル強の債権を管理する。

キャップマークが破産法の適用を申請した場合、バーカディアⅢ は同事業獲得と引き換えに現金4億1500万ドルのほか、手形で最大 7500万ドルを支払う。手形の額は、一部ポートフォリオの損失額に 応じて決まる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE