ECB:政策金利を過去最低に維持-回復の芽育てる姿勢

欧州中央銀行(ECB)は3日、 フランクフルトで定例政策委員会を開き、短期金利の調節手段である 短期買いオペ(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最低応札金 利を1%に据え置くことを決めた。戦後最悪のリセッション(景気後 退)から脱却の兆候を強めるユーロ圏経済の回復を慎重に育てる姿勢 だ。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査では、 58人全員が据え置きを予想していた。エコノミストらは別の調査で、 ECBの利上げは2010年7-9月(第3四半期)以降と予想した。

ECBは芽生えつつある域内経済回復の芽を摘みたくない考えだ。 同中銀はこの日公表する最新の見通しで、ユーロ圏経済成長率予想を 引き上げるとみられる。ドイツとフランスの予想外の4-6月(第2 四半期)プラス成長を織り込む見込みだ。一方で、失業増加と政府の 景気対策の出尽くしで、来年の景気には不安が残る。

フォルティス・バンク・ネーデルランドの欧州担当チーフエコノ ミスト、ニック・コーニス氏は「トリシェ総裁はより明るい景気シナ リオを描いてみせる一方で、引き続き慎重な姿勢も示すという難しい 作業を迫られている」として、「利上げが迫っているという観測を高 めることは絶対に避けたいだろう」と話している。

トリシェ総裁はフランクフルト時間午後2時30分(日本時間同 9時30分)から記者会見する。

この日の政策委では、下限政策金利である中銀預金金利も

0.25%に据え置かれた。上限政策金利の限界貸出金利も1.75%で据 え置き。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE