アトランタ連銀総裁:米経済は回復の初期段階-引き続きリスク存在

アトランタ連銀のロックハー ト総裁は2日、米経済に対する脅威は引き続き存在するものの、 景気回復の初期段階にあるとの見方を示した。

ロックハート総裁はアトランタのエモリー大学でのパネルデ ィクカッションで、「われわれは一定期間、まちまちのシグナル が続くと予想すべきだ」と述べた上で、「米経済には依然リスク が存在する」と説明した。

同総裁はまた、「われわれは回復の初期段階にある」として、 「勝利宣言は控えるべきだ」と指摘。米経済は「極めて力強い状 態には戻らない」だろうし、回復は「控えめ」になると分析し、 1年先でも「経済はなお修復過程にあり」、失業率は「いら立た しいほど高い」と予想した。

ロックハート総裁はさらに、消費者は金融危機によって「心 に傷を負った」と述べた上で、インフレについては「過剰に懸 念」はしていないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE