香港株(終了):下落-米国での銀行損失拡大への懸念や商品安が重し

香港株式相場は下落。米国での銀行 損失が拡大するとの懸念を背景に金融株が下げた。商品相場下落で資 源・素材株も安い。

昨年の収入の24%を米国で稼いだ英銀HSBCホールディング ス(5 HK)は3.2%安と8月12日以来で最大の下げ。アルミ生産で中 国最大手、中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は2.3%下落。中国の鉄 鋼メーカー大手、鞍鋼軋鋼(アンガン・スチール、347 HK)は2.7% 安。中国鋼鉄工業協会(CISA)が同国の粗鋼生産の伸び鈍化見通 しを明らかにしたことが響いた。

エイペックス・キャピタル・マネジメントのファンドマネジャー、 タット・アウユン氏は「幾分の下落は自然なことだ。企業業績のせい というよりも、市場は今後に良いニュースが出るかどうか分からない と思っているからだ」として、「流動性引き揚げの可能性がある」と指 摘した。

ハンセン指数は前日比350.30ポイント(1.8%)安の19522.00。 ハンセン中国企業株(H株)は1.3%安の11192.39。

HSBCは80.65香港ドル。チャルコは8.16香港ドル。アンガン・ スチールは14.20香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE