【5%ルール】フィデリティ投信、プロスペクト、アクサローゼン

2日確認した大量保有報告書の主 な状況は以下の通り。受け付けは各財務局。

プロスペクト・アセット・マネジメント:プロスペクト・リート 投資法人(8969)の保有比率を17.78%から16.68%に減らした。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・リミテ ッド:オートバックスセブン(9832)株式の保有比率を7.26%から

6.19%に減らした。

アクサ・ローゼンバーグ証券投信投資顧問:グループ全体で大明 (1943)株式の保有比率を6.03%から4.43%に減らした。

フィデリティ投信:グループ全体でオリックス(8591)株式の保 有比率を12.71%から14.09%に増やした。

サンドリンガム・キャピタル・パートナーズ・リミテッド:トー ヨーカネツ(6369)株式の保有比率を6.04%から2.98%に減らした。

新井隆二氏:シード(7743)株式の保有比率を57.9%から

54.03%に減らした。

DIAMアセットマネジメント:グループ全体でTOWA (6315)株式の保有比率を6.74%から5.26%に減らした。

情報技術開発:豆蔵OSホールディングス(3756)株式の保有比 率を14.08%から15.08%に増やした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE