今日の国内市況:株は急反落、債券上昇-円は一時1カ月半ぶり高値

東京株式相場は急反落。銀行の損失 懸念の高まりを背景に、前日の米国市場で金融株が下げた流れを引き継 ぎ、銀行や保険など金融銘柄に売り圧力が増した。外国為替市場での円 高基調と原油安も嫌気されて、輸出株、商社や鉱業など資源関連株も下 落、東証1部銘柄の9割弱が下げ、業種別33指数もすべて安い。

日経平均株価の終値は前日比249円60銭(2.4%)安の1万280円 46銭と8月21日以来、8営業日ぶりの安値水準。TOPIXは同

18.96ポイント(2%)安の949.81。

朝方から日経平均は先物主導で値を切り下げ、早々に米シカゴ先物 市場(CME)の日経平均先物9月物(円建て)の1日清算値1万285 円を割り込み、午前10時半前に下げ幅は一時300円を超えた。ただ、 最近の乱高下で動向が警戒されている中国上海総合指数が、前日に続き この日も落ち着いた動きだったことを受け、その後はやや下げ渋った。 午後の日経平均は1万200円台で小動きとなった。

1日の米国市場ではS&P500種株価指数の金融株指数が5.3%下 げ、約2カ月ぶりの大幅安となった。RBCキャピタル・マーケッツの アナリストが、西海岸の米銀は信用状況の悪化と貸し倒れの増加になお 苦しんでいると指摘。「これらの多くの銀行は、資本や引当金が十分で ない可能性が残っている」との見方を示したことなどが嫌気された。

米国市場の流れを汲んで東京市場でも金融株の下げが目立ち、東証 銀行指数は約1カ月ぶり安値に沈んだ。銀行や保険、証券・商品先物取 引、その他金融指数の構成銘柄はすべて下落か横ばい。上昇銘柄はなか った。

債券は上昇-株安や好需給

債券相場は上昇(利回りは低下)。前日の米国市場で株安・債券高 となった地合いを継続し、日経平均株価が大幅反落したことから買いが 優勢となった。新発5年債利回りは0.58%と4年ぶりの低水準をつけ たほか、新発10年債利回りも1.30%ちょうどまで低下した。

東京先物市場の中心限月9月物は、前日比24銭高の139円47銭で 始まった。その後、一時は37銭高の139円60銭まで上昇し、中心限月 で3月24日以来の高値をつけた。午後は139円台半ばでのもみ合いと なり、結局は21銭高の139円44銭で引けた。日中売買高は1兆8877 億円。

外部環境の良さを背景に、円債市場では買いが先行した。1日の米 国債相場は短期債を中心に上昇。最近の株価上昇は企業の業績見通しに 比べてペースが速過ぎるとの見方から株価が下落、投資家は比較的安全 とされる国債に買いを入れた。米株式相場は3日続落しており、この日 の日経平均株価は一時、300円超の下落となり、前日比249円60銭安の 1万280円46銭で取引を終了した。

現物債市場で、新発10年物の303回債利回りは前日終値の1.325% を下回る1.31%で始まった後、いったん1.32%をつけた。一時は

1.30%ちょうどまで低下したが、その後は1.305%で推移した。

中期債相場も上昇。5年物の84回債利回りは前日比0.5ベーシス ポイント(bp)低い0.595%で始まった後、2bp低い0.58%まで低下した。 新発5年債利回りとしては、2005年9月13日以来、約4年ぶりの低水 準をつけた。新発2年債利回りは1bp低い0.235%に低下した。

円が約1カ月半ぶり高値から反落

東京外国為替市場は円が約1カ月半ぶり高値を付けた後、下落に転 じた。米金融不安の再燃懸念から円買い先行で始まったが、その後は中 国株の上昇などを手掛かりに、リスク回避姿勢の緩和の思惑から円を売 る動きが強まった。

この日の東京市場は米金融株の大幅下落を背景に円高が進んだ海外 市場の流れを引き継ぎ、朝方から円買いが先行。円は対ドルで一時、1 ドル=92円52銭と7月13日以来の高値まで上昇し、対ユーロでも同 月15日以来の高値となる1ユーロ=131円46銭を付けた。

このところリスク指標として円相場との相関が強まっている中国・ 上海株が上昇したことやオーストラリアの2009年4-6月(第2四半 期)の国内総生産(GDP)伸び率が予想外に前期から加速したことも リスク回避に伴う円買い圧力を弱める形となり、円は対ドルで93円ち ょうど前後、対ユーロでは一時、132円台半ばまで値を戻した。

円は対ポンドでも7月13日以来の高値を付けた後、反落。また、 対オーストラリア・ドルでは同23日以来となる1豪ドル=76円台半ば まで上昇後、77円台後半まで値を下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE