鉄鉱石の10年度の契約価格:20%上昇か、需給「逼迫」で-UBS

スイスのUBSは、鉄鉱石の年次契 約価格が2010年度に20%上昇する可能性があるとみている。需給の 「逼迫(ひっぱく)」と中国の鉄鋼生産の増加を理由として挙げている。

グリン・ローコック氏(シドニー在勤)率いるUBSのアナリス トらは1日のリポートで、10年度のオーストラリア産鉄鉱石の粉鉱の 契約価格が1ドライ・メトリック・トン当たり116米セントになると の見通しを示した。現行価格は97米セントで、従来予想からは10% 引き上げた。

中国向けの豪州産鉄鉱石の現物価格は今年に入って19%上昇し ている。米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)傘下のメリルリンチ と米JPモルガン・チェースも10年度の契約価格が上昇するとの見方 を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE