ロシア中銀:追加利下げを今月実施か、4月以降で6度目-BN調査

ロシア中央銀行は今月、主要政策 金利を引き下げるとの見方がエコノミストの間で支配的だ。利下げ すれば、今年4月に金融緩和を始めてから6回目となる。過去最悪 のマイナス成長と景気回復の鈍さが背景にある。

ブルームバーグがエコノミスト12人を対象に実施した調査に よると、ロシア中銀は今月、主要政策金利であるリファイナンス金 利を0.25ポイント引き下げ、10.5%(予想中央値)にすると見込 まれている。また同調査では、年末までに同金利が10%に低下する との予想も示された。

ロシア中銀は政策会合の日程を公表していない。同中銀は4月 24日、2007年以来となる利下げを開始した。

ロシアの国内総生産(GDP)は、09年4-6月(第2四半期) に前年同期比10.9%減と、統計開始以来最大の落ち込みを記録し た。世界貿易の低迷で、鉄鋼や原油など素材関連の輸出が打撃を受 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE