タイ経済:10-12月にはプラス成長に、輸出受注の改善で-財務相

タイのゴーン財務相は2日、 10年ぶりのリセッション(景気後退)に陥っている同国経済が 7-9月(第3四半期)に改善し、10-12月(第4四半期)に は前年同期比で再びプラス成長になるとの見通しを示した。

同相はブルームバーグテレビとのインタビューで、第3四半 期の国内総生産(GDP)が、前期比2.3%増だった4-6月 (第2四半期)と「同様」のペースで拡大する公算だと述べた。 また政府の財政支出や輸出受注の改善で、第4四半期には前年同 期比でプラスになると予想した。

ゴーン財務相は「輸出受注に関するあらゆる指標が、鍵とな る部門で大幅に改善している」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE