中国:ガソリンなど燃料価格を最大6.3%引き上げ-原油高を反映

中国は2日に燃料価格を最大

6.3%引き上げる。上げ幅は1トン当たり300元(約4000円) に相当する。原油高を反映させ、原材料コストが上昇している国 内製油最大手の中国石油化工(Sinopec)を支援するのが 狙い。

国家発展改革委員会(発改委)が1日ウェブサイトで発表し たところでは、2日午前零時(日本時間同1時)以降、ガソリン 価格をトン当たり4.6%引き上げて6810元、ディーゼル油は

5.2%値上げし6070元とする。ジェット燃料は5070元と、

6.3%引き上げる。

中国は石油製品価格を世界の原油相場に沿った水準で維持し、 国内製油業者の利益を確保する制度を昨年12月に導入しており、 同制度の下で燃料価格引き上げは今年4回目。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE