エルピーダが売り気配、大型増資で希薄化懸念-最大5500万株発行へ

公的支援により再建中のDRAMメ ーカー、エルピーダメモリの株価が売り気配で始まった。午前9時5分 現在の気配値は前日比60円(3.9%)安の1477円。前日に最大で発行 済み株式数の39%に当たる5500万株を新規に発行すると発表し、株式 価値の希薄化懸念が高まった。

今回の増資は日台当局の出資や銀行融資などによる6月に決定し た計1600億円の調達とは別で、公的資金による300億円の増資は優先 株発行を通じ8月31日に完了済み。

今回の調達では国内向けに500万株、海外向けは5000万株を上限 として募集を行い、14-16日に払い込み金額を決定する。1日現在の エルピーダの発行済み普通株式総数は1億4160万株のため、今回募集 予定の計5500万株が全て発行されれば、39%増える計算となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE