あさひ株が反落、株価の割安感薄れ三菱U証は格下げ

自転車専門店を展開するあさひの株 価が反落。自動車販売の増加から業績は順調ながら、業績と比べた株価 の割安感が薄れたとし、三菱UFJ証券では投資判断を「2(アウトパ フォーム)」から「3(市場平均並み)」へ引き下げた。足元の月次販 売に減速傾向が出てきたこともあり、株価は前日比4.1%安の3240円 まで下げた。

三菱U証の大石透功アナリストは1日付リポートで、PEGレシオ (株価収益率を1株当たり利益成長率で割った値)の標準範囲の中心値

1.5倍にあたる妥当株価3250円を株価が達成したと指摘している。株 価は3月に付けた年初来安値1570円から前日終値3380円まで2.2倍に 上昇した。

3-7月の既存店売上高累計は前年同期比8.1%増だったが、8月 は前年同月比12.3%減と大幅に落ち込んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE