4-6月の豪GDP、前期比0.6%増-予想外の成長加速

オーストラリア統計局が2日発表し た2009年4-6月(第2四半期)の豪経済成長率は予想に反して前期 から加速した。個人消費が寄与した。オーストラリア準備銀行(RB A、中央銀行)に対し、50年ぶりの低水準となっている金利の引き上 げに向けた圧力が高まるとみられる。

発表によると、国内総生産(GDP)は前期比0.6%増加。1- 3月(第1四半期)は同0.4%増だった。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミスト20人の予想中央値では、同0.2%増と見込ま れていた。

RBAは1日、政策金利を5カ月連続で3%に据え置いた。ステ ィーブンスRBA総裁は、個人消費や輸出、設備投資が回復力を示す なかで、豪経済が「予想よりも強い」との認識を示した。豪政府が鉄 道や道路、学校などに220億豪ドル(約1兆7000億円)を投じること を受け、GDPは向こう数カ月間にさらに伸びが加速する可能性があ る。

ウエストパック銀行のチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏(シ ドニー在勤)は統計発表に先立ち、「豪経済は今後も引き続き世界的リ セッション(景気後退)にもかかわらず、予想以上の弾力性を示すだ ろう」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE