IMF:来年の世界経済成長見通し上方修正へ-3%をわずかに下回る

国際通貨基金(IMF)のシニアエ コノミスト、ヨルグ・デクレッシン氏は1日、2010年の世界経済成長 見通しについて、3%を「わずかに下回る水準」と、7月時点の予想 から上方修正する方針を明らかにした。

同氏はワシントンのカーネギー国際平和基金での討論会で、見通 しは最終的なものではないと述べた。IMFは7月時点で、世界経済 の成長率を今年はマイナス1.4%、来年がプラス2.5%と予想していた。 新たな見通しは10月1日に発表される。

デクレッシン氏はまた、「主なリスクは現在見られている回復が自 律的なものだと誤解して、早まって政策支援を取り下げてしまうこと だ」と指摘。依然として「下振れ」リスクを予想していると付け加え た。その上で、「自律回復となるために必要なのは民間需要が公的需要 の代役を果たすことだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE