米ウェルズ・ファーゴ:増資せずに公的資金を近く返済へ

米銀ウェルズ・ファーゴは、増資 を実施することなく金融安定化法に基づく公的資金を近い将来に返 済する計画だ。これにより、著名投資家ウォーレン・バフェット氏 率いるバークシャー・ハサウェイなどが保有する既存株の価値は守 られることになる。

ウェルズのジョン・スタンプ社長兼最高経営責任者(CEO) は1日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「われわ れは返済するつもりだ。しかし、それは株主に配慮したやり方で行 う」と言明。「われわれは現在、内部的に資本を極めて急速に増やし ており、既存株主の持ち分を希薄化することは望まない」と説明し た。

ウェルズと競合する金融機関のうち10社は、リセッションの 深刻化を想定したストレステスト(健全性審査)に合格した後、6 月に公的資金を返済。ウェルズは250億ドル(約2兆3200億円) の公的資金注入に伴う政府の監督強化に不満を強めており、株価は 年初来で11%下げている。ウェルズは今年、米住宅金融でトップに 立っている。

ウェルズの1日の株価終値は1.31ドル(4.8%)安の26.21 ドル。ブルームバーグ・ニュースのデータによれば、筆頭株主のバ ークシャーの保有比率は約6.5%。

ポーテールズ・パートナーズ(ニューヨーク)のアナリスト、 ジェニファー・トンプソン氏は「ウェルズが、わたしから見て公的 資金を無理なく返済できるまで資本水準を引き上げられるのは、恐 らくまだ数四半期先になるだろう」と指摘する一方で、「しかし、ウ ェルズが四半期ごとに極めて多くの資本を内部的に増やしているこ とは確かだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE