西村日銀副総裁:世界の中銀は共通の出口戦略はとらない公算

日本銀行の西村清彦副総裁は1日、 世界の中央銀行は、世界的な金融危機を終息させるための「異例」 の政策からの出口戦略で、それぞれ異なる方法をとる公算が大きい との見解を示した。

西村副総裁はアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれた会議 で、「市場の情勢が改善すれば、多くの異例な政策はいずれ打ち切ら れることになるだろう」と述べた上で、「しかし、そのタイミングと 順序が極めて重要だ」と指摘した。

同副総裁はまた、金融市場を再構築する過程は「長くゆっくり とした」ものになると予想。政策担当者は「柔軟」になることが必 要だと強調した。日銀の政策見通しには直接言及しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE