NY外為:円が対ユーロ6日続伸、金融株安でリスク回避

ニューヨーク外国為替市場では円 が対ユーロで続伸。これで6営業日連続高と、1月以来の最長となっ た。ドルも対ユーロで上昇した。米株式市場で金融株が値下がりした ことから、安全逃避先として円やドルが買われた。

オーストラリア・ドルは米ドルと円に対して下落。オーストラリ ア準備銀行(RBA、中央銀行)が、「金融政策はなお適切」と表明 したことから、利上げへの期待が損なわれた。英国ポンドは対ユーロ で6月以来の安値水準。同国の製造業景気指数が予想に反し低下した 上、消費者信用残高が過去最大の減少幅を記録した。

TDセキュリティーズのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・ オズボーン氏(トロント在勤)は「株式相場がかなり軟調のようだ」 と指摘。「ドルと円はそれに支えられている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時14分現在、円は対ユーロで1.1%高の 1ユーロ=132円7銭(前日は同133円48銭)。一時は7月17日 以来の高値、同131円86銭を付けた。ドルは対ユーロで0.8%高の 1ユーロ=1.4215ドル(前日は同1.4334ドル)。ドルは対円で

0.2%安の1ドル=92円92銭(前日は同93円12銭)。

ドルは対ユーロで、1ユーロ=1.4277ドルの節目を上抜けたこ とから上げ幅を拡大した。オズボーン氏によれば、この水準は8月17 日以降のユーロ上昇局面の値動きを表すトレンドライン上にある。

円は対スウェーデン・クローナで2.5%高。ドルは対メキシコ・ ペソで2.2%値上がり。S&P500種株価指数が2.2%下落したこと が背景。

AIG株が大幅下落

米保険のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) は21%急落。米生命保険メットライフは7.4%、米銀シティグループ は9.2%それぞれ値下がりした。

オーストラリア・ドルは対米ドルで2.2%安。豪中銀は景気刺激 を目的に、政策金利を5カ月連続で3%に据え置いた。豪ドルは対円 では2.4%下げた。

英国ポンドは対ユーロで1ユーロ=87.98ペンス。ポンドは対ド ルで1%値下がりした。

英国の信用

イングランド銀行(英中央銀行)が発表した7月の英消費者信用 残高は2億1700万ポンド減少と、マイナス幅は少なくとも1993年 以来で最大となった。消費者が支出よりもローン返済を優先させてい ることが示された。また、同国の8月の製造業景気指数は49.7と、 前月の50.2から低下。

HSBCホールディングスによると、ポンドの対ドルでの下落は 続かないもようだ。イングランド銀行は米連邦準備制度理事会(FR B)よりも早く利上げに踏み切るとの観測から、ポンドは上昇すると している。

ポンドの見通し

HSBCの通貨戦略ディレクター、ポール・マケル氏(ロンドン 在勤)はインタビューで、ポンドは年末には1ポンド=1.62ドルとな り、来年には同1.75ドルに値上がりすると予想した。

ドルは7月15日以降、世界的な景気回復は持続可能かどうか議論 が続くなか、1ユーロ=1.40ドルから同1.45ドルのレンジで取引さ れている。ドルは過去6カ月で11%下落。世界的な景気回復の兆しを 受け、米国債を売って高利回り資産を買う動きが活発になった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE