9月1日の欧州マーケットサマリー:ダウ欧州600指数は続落

欧州の為替・株式・債券・商品相場 は次の通り。表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4234 1.4334 ドル/円 93.09 93.12 ユーロ/円 132.50 133.48

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 231.66 -4.34 -1.8% 英FT100 4,819.70 -89.20 -1.8% 独DAX 5,327.29 -137.32 -2.5% 仏CAC40 3,583.44 -70.10 -1.9%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.18% -.07 独国債10年物 3.24% -.02 英国債10年物 3.56% +.00

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 955.00 -.50 -.05% 原油 北海ブレント 68.96 -.69 -.99%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は続落。前日に続き、ダウ欧州600指数の株価収 益率(PER)を6年ぶり高水準に押し上げた株価の上昇は、企業の 見通しに比べてペースが速過ぎたとの観測が売りを誘った。

欧州最大の家電メーカー、ロイヤル・フィリップス・エレクト ロニクスは下落。仏証券会社が同社の株を売り銘柄に指定したほか、 ダウ・ユーロ50種株価指数の構成銘柄から除外されることが明らか になったのが嫌気された。

仏建設3位のエファージュは昨年10月以来の大幅安。同社の上 半期利益は前年同期比64%減となった。フィンランドの通信機器メ ーカー、ノキアも安い。クレディ・スイス・グループが同社の株式投 資判断を引き下げたのが背景。

ダウ欧州600指数は前日比1.8%安の231.66で終了。ユーロ 圏の製造業が縮小を示したほか、英国でも同様の指数が予想外に低下 したのが売りを誘った。

ブルームバーグのまとめたデータによると、ダウ欧州600指数 のPERは48倍と、2003年6月以来の高水準付近となった。

フォルティス・プライベート・バンキングの株式ストラテジス ト、ギローム・デュシェスネ氏(ジュネーブ在勤)は、製造業統計か らは「思ったほど状況が堅調ではないことが示された。ぜい弱性がみ られる。問題はスムーズな回復を確信するのか、それともそれほど良 くない回復を見込むのかだ」と述べた。

ダウ欧州600指数は3月9日以降で47%上昇。仏化粧品ロレア ルから米金融ゴールドマン・サックス・グループに至るまで、数多く の企業が予想以上に好調な決算を発表したほか、フランスとドイツの 国内総生産(GDP)がプラス成長を記録したのが株価の上昇を支え た。

マークイット・エコノミクスが発表した8月のユーロ圏製造業 景気指数の改定値は48.2と、前月の46.3から上昇したが、活動の 拡大・縮小の分かれ目とされる50を下回った。英国購買部協会(C IPS)によれば、8月のサービス業界の購買担当者指数(PMI) は49.7と、前月の50.2から低下した。

フィリップス

フィリップスは4.5%安と、3月以来の大幅下落。エファージ ュは9.3%値下がりした。同社上半期の純利益は5000万ユーロと、 前年同期の1億4000万ユーロから大幅に落ち込んだ。

ノキアは2.9%下落。クレディ・スイスは「スマートフォン (多機能携帯電話)のリスクが強まった」として、ノキアの株式投資 判断を「アウトパフォーム」から「アンダーパフォーム」に引き下げ た。

◎欧州債券市場

欧州債相場は上昇。ユーロ圏の失業率が7月に過去10年余りで 最悪となったことが背景。

独2年債利回りは約6週間ぶりの低水準。欧州連合(EU)統 計局が発表した7月のユーロ圏失業率(季節調整済み)は9.5%に上 昇し、1999年6月以来の高水準に達した。これを受け、株式相場は 下落。安全資産への需要が高まった。一方、ドイツ小売売上高は7月 に3カ月ぶりに増加、8月のユーロ圏製造業指数は予想以上に活動の 縮小緩和を示したものの、国債相場は値上がりした。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バ ンキングの債券調査担当責任者マイケル・ロットマン氏は「経済見通 しに対する最近の楽観的な見方はもろいようだ」と指摘。「この先数 週間は回復の持続が見込まれているが、問題はそれ以降に持続可能か どうかだ」と述べた。

ロンドン時間午後4時12分現在、2年債利回りは前日比4ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し1.20%。同国債(表 面利率1.5%、2011年6月償還)価格は0.07ポイント上げ

100.51。10年債利回りは前日比ほぼ変わらずの3.26%。

◎英国債市場

英国債市場では2年債相場が小幅下落。8月の同国の製造業景 気指数が前月から低下した一方、イングランド銀行(英中央銀行)が 発表した7月の英住宅ローン承認件数は1年3カ月ぶりの高水準に増 加した。

ロンドン時間午後4時55分現在、2年債利回りは前日比1ベー シスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し0.86%。一時は ブルームバーグが1992年にデータ集計を開始して以来の最低水準と なる0.81%を付けた。2年債価格(表面利率4.25%、2011年3月 償還)は0.03ポイント下げ105.08。10年債利回りは1bp 低下し

3.54%。

英国は2日に2012年に償還期限を迎える国債50億ポンド相当 の入札を予定。3日には、発行額22億5000万ポンドの30年債を 入札する。英政府は来年3月までの今会計年度に過去最大規模となる 総額2200億ポンドの入札を計画している

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE