インド株(終了):センセックス続落-干ばつが成長押し下げとの懸念

インド株式相場は続落。干ばつで 農産物生産が減少し経済成長が抑えられるとの懸念を背景に、投資家 が売り姿勢を強めたとの観測が広がった。

インド最大のトラクターメーカー、マヒンドラ・アンド・マヒン ドラ(MM IN)は2%安。同国銀行3位のHDFC銀行(HDFCB IN)は1.7%安で引けた。インド政府の政策提言機関、国家計画委 員会はこの日、干ばつの影響で同国の2012年3月まで5年間の年間 成長率が平均7.8%となり、目標の9%に届かないとの見通しを示し た。

ビルラ・サンライフ・ミューチュアル・ファンドで株式の共同責 任者を務めるマヘシュ・パティル氏は、「干ばつは短期的には懸念材 料だが、株式相場は長期的には上昇する公算が高い」との見方を示し ている。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は、前日比

115.45ポイント(0.7%)安の15551.19で取引を終えた。

-Editors: Mark McCord, John Chacko.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 松井 玲 Akira Matsui +81-3-3201-7540 Akmatsui@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Rajhkumar K Shaaw in Mumbai at +91-22-6612-9113 or rshaaw@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE