金融サービス業界の雇用、08年水準回復は13年以降-ロンドン市調査

ロンドン市がこのほどまとめた調査 で、英国とフランス、ドイツの金融サービス業界の雇用が2008年の水 準を回復するのは13年以降という結果が示された。

それによると、金融危機と人材削減の影響が最も大きい英国では 今から4年後の業界雇用者数が昨年を1万人下回る水準となる見込み。 ロンドン市の政策責任者、スチュアート・フレーザー氏は雇用の回復 は経済成長次第との見方を示した。

同氏は電話インタビューで、「今後数年間は低成長が続くだろう。 回復は13年か14年になろう」とし、「それまでには成長を促進できる より良い均衡を取り戻していることを望む」と語った。

欧州の銀行や保険、ファンド運用などの金融業界は07年7-9月 (第3四半期)以降、14万人の雇用を減らしている。リポートによる と、今年は約8万4000人削減が見込まれ、そのうち3万5000人は英 国での削減の見込み。

また欧州の金融サービス業界の経済生産は今年が前年比6.2%減 となり10年もマイナス成長。11年にプラス成長に転じると予想され ている。成長は2000-07年に比べはるかに緩やかなペースとなると、 リポートは予想。リポートはロンドン市の委託でコンサルティング会 社ロンドン・エコノミクスがまとめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE