英銀RBS:ロンドン本店を環境活動家が包囲、侵入も(Update1)

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)のロンドン本店が、環境保護活動家 によって包囲された。同行が石化燃料に投資していることに抗議した もの。

ロンドン警視庁のリチャード・ジョーンズ報道官によれば、ビシ ョップスゲートのRBS本店の外には抗議のため120人余りが詰め掛 けている。同報道官が電話インタビューで述べたところによると、そ のうち7人は本店ビル内に入り、手を接着剤でのり付けしているとい う。

抗議行動を組織したキャンプ・フォー・クライメート・アクショ ンの広報担当者リチャード・スミス氏は本店ビルへは「誰も入れない し出られない」として、「RBSは依然として、石油業界に代表される ような二酸化炭素大量排出業界に投資している」と非難した。

気候変動への対策の遅れに抗議する約1000人の活動家が8月26 日にロンドン南部に集結し、1週間にわたる一連の抗議行動を展開し ている。RBSは石炭業界やカナダのオイルサンド抽出プロジェクト などへの出資が抗議の対象となっている。

活動家約11人がRBS本店の前に陣取り出入りを阻止。抗議団 体は「新たな経営者の下で倫理改革」などの横断幕を掲げている。R BSは昨年の公的資金による救済により英政府が株式の70%を保有 する。現場には警察車5台が派遣され、RBSは警察と協力している とのコメントを出した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE