東京電力:柏崎刈羽原発7号機を下旬に停止-燃料取り替え

東京電力は1日、燃料の一部を交換 するため、柏崎刈羽原子力発電所7号機(出力135万6000キロワット) の運転を9月下旬に停止すると発表した。

試運転中の同7号機では、7月に燃料棒から放射性物質が漏れる 不具合が見つかったことから運転を継続しながら状況を見守っていた。

東電広報の角田直紀氏によると、停止期間は1カ月半から2カ月 程度としている。

--取材協力:山中めぐみ Editor:Takeshi Awaji

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE