今日の国内市況:日本株は小反発、債券堅調―米指標控え円小動き

東京株式相場は小幅反発。中国株が 下げ止まったほか、外国為替市場で前日に進んだ円高が一服したことを 好感し、精密機器や自動車、電機といった輸出関連株が買い戻された。 新型インフルエンザ被害の拡大を警戒する格好で、ダイワボウホールデ ィングスなどマスク関連銘柄は急伸。

日経平均株価の終値は前日比37円53銭(0.4%)高の1万530円 6銭、TOPIXは同3.04ポイント(0.3%)高の968.77。

日経平均は8月14日以降、きょうまで13営業日にわたって上昇、 下落、上昇と交互に騰落を繰り返すことになった。

前日のニューヨーク商業取引所で、原油をはじめとする国際商品相 場が軒並み下げたことから、この日は商社や非鉄金属といった資源関連 株などに売りが先行。日経平均も安く始まったが、下げは限定的で、午 前10時過ぎからはプラス圏で推移した。

日経平均が浮上するきっかけとなったのは、日本時間午前10時に 中国で発表された8月の製造業購買担当者指数(PMI)の改善。PM I指数が54.0と、前月の53.3から上昇したことを受け、中国・上海総 合指数は4営業日ぶりに反発。上海指数は前日に6.7%安と2008年6 月以来最大の下げを演じ、市場参加者の間で警戒感が強かっただけに日 本株にもプラスに働いた。

もっとも、この日の日本株市場では景気敏感業種の中でも前日堅調 に推移した海運株が反落、国際商品市況安の影響で商社を含む卸売株に 加えて鉄鋼株も安く、指数の上値を抑制。中国不安の根強さが垣間見え た。

テクニカル指標や需給面で、売りに押されやすい局面にあるとの指 摘もあった。

東証1部の売買高は概算で16億5264万株と、売買代金は1兆2030 億円と、ともに7月17日(16億4389万株、1兆246億円)以来、約1 カ月半ぶりの少なさ。値上がり銘柄数が880、値下がりは636。業種別 33指数は18業種が上昇し、15業種が安い。

債券堅調、長期金利2カ月ぶり低水準

債券相場は堅調(利回りは低下)。前日の米国債相場が上昇したこ とに加えて、この日の午後に発表された10年利付国債の入札結果が順 調となり、投資家の需要の強さが確認されたことで買い安心感が広がっ た。

東京先物市場の中心限月9月物は、前日比7銭高の139円20銭で 始まった後、徐々に上げ幅を縮小して4銭安まで下げた。午後も底堅く 推移して、終了間際に買いが増えると、一時は13銭高の139円26銭ま で上昇した。結局、10銭高の139円23銭で終えた。日中売買高は2兆 4364億円。

現物債市場で10年物の301回債利回りは、前日比0.5ベーシスポ イント(bp)低い1.30%で始まった後、いったんは1.305%をつけた。 その後は徐々に水準を切り下げ、午後3時53分時点では2bp低い

1.285%と新発10年債としては7月9日以来、約2カ月ぶりの低水準で 推移している。

中期債も堅調。新発5年債利回りは0.5bp低い0.60%、新発2年債 は0.5bp低い0.245%で推移している。

財務省がこの日実施した表面利率(クーポン)1.4%の10年利付国 債(303回債、9月発行)の入札結果は、最低落札価格100円60銭、平 均落札価格は100円62銭となった。

最低落札価格は、事前の市場予想(100円59銭)を若干上回り、 最低と平均価格の格差(テール)は2銭となり、前回債の3銭から縮小 した。応札倍率は2.88倍と前回債の2.91倍からやや低下した。

日本相互証券によると、この日入札された10年債(303回債)利 回りは、業者間取引において、1.345%で寄り付いた。1.325%まで買わ れたものの、その後は1.33%で推移している。

円は小動き

東京外国為替市場ではドル・円相場が狭いレンジ内での取引に終始 した。午後は中国株が底堅い推移となっていることから、リスク回避に 伴う円買い圧力が緩和したものの、米国で重要指標の発表を控えて、 徐々に動意の乏しい展開となった。

ドル・円相場は午前の取引で1ドル=92円85銭まで円が上昇した あと、午後は93円台前半を中心に推移。一時は93円37銭まで円が水 準を切り下げる場面もみられた。

中国物流購買連合会が午前に発表した8月の製造業購買担当者指数 (PMI)は54.0と、前月の53.3から上昇。中国株は午前の取引で前 日の終値を挟んで上下に振れる展開が続いたが、午後はおおむねプラス 圏で推移している。

一方、ユーロ・円相場は午前に1ユーロ=133円12銭を付けたあ と、午後にかけて133円台後半まで円が弱含みに展開。ドイツで発表さ れた7月の小売売上高指数が改善したことが伝わると、ユーロ買いが後 押しされ、一時は134円15銭と、2営業日ぶりの水準までユーロ高・ 円安に振れる場面もみられた。

ユーロ・ドル相場は午前の取引で1ユーロ=1.43ドル台前半での もみ合いが続いていたが、午後には一時1.4378ドルと、2営業日ぶり の水準までユーロが水準を切り上げている。

この日の米国時間にはISMが8月の製造業景気指数を発表する。 市場の予想では製造業の拡大と縮小の境目を示す50を上回る水準が見 込まれている。予想通り米景気の底打ち期待が補強される内容となれば 米株が値を戻す展開もあり得る。

一方、オーストラリア準備銀行(RBA)はこの日の政策決定会合 で、政策金利である翌日物オフィシャル・キャッシュレートを3%に据 え置くことを決定。金利の据え置きは5カ月連続となった。

前日に発表された一部の豪経済指標が冴えない内容となっており、 早期の利上げ観測が醸成されにくくなっているようだ。

午後の取引では豪ドルが対円で一時1豪ドル=78円台前半と、前 日のニューヨーク時間午後遅くに付けた78円57銭から水準を切り下げ、 クロス・円(ドル以外の通貨の対円相場)に円買い圧力が波及する場面 もみられていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE