【テクニカル分析】1ドル=87円の円高も-91円74銭水準突破なら

米金融大手JPモルガン・チェ ースは1日、ドル・円相場の見通しについて、ドルが7月の安値の 1ドル=91円74銭水準を下回った場合、現行から約6%安となる 87円付近まで下落する可能性があると指摘した。

JPモルガンの為替テクニカル・アナリスト、ナイオール・オ コナー氏(ニューヨーク在勤)は顧客向けリポートで、前日ドルが 「1ドル=93円20銭-93円10銭の支持水準を下抜けしたことで、 直感的なドル安連想が広がり、一段安となるリスクを高めた」と指 摘し、7月の安値を「再び試しにいく」可能性があるとした。

同氏はその上で、1ドル=91円74銭の抵抗線を下抜けした場 合、ドルは昨年12月-今年1月に形成した「ダブルボトム」の底 の1ドル=87円水準に向けて下落する公算を指摘した。ダブルボト ムは、同程度の下落が2回起きることで形成され、その後の反発の 可能性を示唆する。

ドル・円相場は日本時間午前9時53分現在、前日比0.1%安の 1ドル=93円06銭で取引されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE