ハリケーン「ヒメナ」、最大強度近くまで勢力強める-メキシコ北部沖

太平洋上で発達したハリケーン「ヒ メナ」は31日、メキシコ北部バハ半島の沖合で、ハリケーンの5段階 強度で最大の「カテゴリー5」に近くまで勢力を強めた。

AP通信によると、洪水の恐れがある地域では少なくとも1万世 帯が避難する見通し。地元当局の情報を基に伝えた。

米国立ハリケーンセンター(NHC)がメキシコ市時間午後10 時(日本時間9月1日正午)ごろ発表した情報によると、ヒメナの最 大風速は時速約250キロ(秒速約69メートル)。時速15キロで北西に 進んでいる。午後7時時点の発表では、カボサンルカスの南方460キ ロにあった。

ヒメナは9月1日遅くか2日早朝までにバハ半島西岸に上陸し、 半島を通過する見込み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE