クラリオン株1カ月ぶり高値、非正規社員増やす-カーナビ生産復調

カーナビゲーションなどを手がけ るクラリオンの株価が、およそ1カ月ぶりの高値水準を回復。米フォ ード・モーター向けなどの受注増に対応するため、非正規従業員を増 やしていたことが分かり、業績回復期待が高まった。

午前終値は前日比5.3%高の100円。一時は8.4%高の103円 まで上げ、7月27日以来の高値を回復した。出来高は678万株と、 前日までの過去1年間の1日平均273万株をすでに大きく上回った。

同社はカーナビゲーションを手掛ける郡山工場(福島県郡山市) の非正規従業員を3月末比3倍の約300人に増員した。同社広報の 岡澤一正氏は、「国内メーカーからの受注も増えている」と述べた。

先に同内容を報じた1日付の日刊工業新聞によると、同社は 2008年末から従業員を削減。ピーク時には600人だった非正規従業 員を3月ごろには約100人に減らしていた。ただ、新規受注したフ ォードの現地仕様車向けナビが好調で、非正規従業員を段階的に増や したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE