中国はスポット市場で販売される鉄鉱石の量制限を-宝山鋼鉄幹部

中国の宝山鋼鉄は、鉄鉱石の契約 価格交渉が難航するなか、同国が現物市場で販売される鉄鉱石の量を 制限する必要があるとの見方を示した。中国は世界最大の鉄鉱石消費 国。

宝山鋼鉄の馬国強社長は31日のオンライン会議で、鉄鉱石供給各 社に対する交渉力を強化するため中国は鉄鋼メーカーの数を減らすべ きだと述べた。同社の陳缨副社長は、オーストラリアのBHPビリト ンや英豪系リオ・ティント、ブラジルのヴァーレの鉱山各社との価格 交渉が継続中であることを明らかにした。

中国鉄鋼工業協会(CISA)は先月、スポット市場での鉄鉱石 の販売を増やすことにより価格が「投機的」となるのを促していると して鉱山各社を非難した。CISAは、BHPやリオ、ヴァーレが年 次契約価格の下げ幅を35%とすることに合意するよう望んでいる。中 国はこの水準を指標にしたいと考えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE